Page Top

会社のこと

社長の思い

代表取締役  木子 博文

代表取締役
木子 博文

地元の美方高校から国立宇都宮大学農学部を経て、福井県農林水産部にて23年間勤務。平成19年に依願退職し、株式会社無限大を設立。現在に至る。
座右の銘は『今を切に生きる』

「無限大に見通せる望遠鏡で、遥か彼方の水平線を望むと何が見えるか?」答えは「自分の後頭部」という笑い話のようなことで、諭されたことがあります。遠くに目標をおいて生きる時には、同時に足元をしっかりと見つめることも大事だと教えられたことがあります。農業に携わる者なら誰でも、新鮮、安全、安心、おいしい農産物を消費者にお届けしたいという思いが一番でないといけない。しかし、私は、それだけではない何かを追いかけてきました。もちろん「新鮮、安全、安心、おいしい農産物」を作るのは、あたりまえですが、それは社会の中できちんと評価を受けることのできる会社組織を作っていけば、自然と達成できると考えています。「自分は(人は)、何のために生きているのか」。全ての人には、生まれてから死ぬまでの間に、果たさなければならない役割というものがあると思います。私にとって、それが何かはまだ分かりません。死ぬまで分からないかもしれません。だからこそ、今、自分でこれだと思ったことを、ひたすら毎日、大事に、精一杯、こつこつ努力するしかない。そして、その延長に今の会社があり、この想いを核に、社会に働きかけられる器を造ることこそが「無限大」を社名にした時からの私の目標です。経営学的にはゴーイング・コンサーンとも呼ばれ、会社が将来に渡って事業を継続していく前提条件の一つで、企業活動が無期限に続くと仮定されることを意味します。枝豆やトマトはそのための手段なのです。人は、自分一人で生きているのではなく、色んな人の応援や支えがあって、自分や会社がある。常に感謝の気持ちを持ち、「ありがとうございます」という言葉を積極的に口に出す。そうすれば自ずと、成果という形になって自分に帰ってくる。そのひたむきな繰り返しこそが「無限大」のテーマなのです。

代表取締役 木子 博文

経営理念

  1. 人と社会に感動と影響を与える事業の展開を目指します。
  2. 常に真摯に仕事に取組み、全ての従業員が会社の「顔」であることを忘れません。
  3. 絶えず創造し、挑戦する会社であり続けます。

概要と歩み

MUGENDAI Co.,Ltd.

社名
株式会社 無限大
代表取締役
木子 博文
所在地
  • 【本社】
    〒919-1142
    福井県三方郡美浜町興道寺40-8
    TEL. 0770-32-1102 / FAX : 0770-24-3705
  • 【Tomato LABO Fairy Bell(トマト生産施設)】
    〒919-1142
    福井県三方郡美浜町興道寺5-19 [地図]
    TEL:0770-32-2307 / FAX : 0770-32-2308
  • 【現場事務所】
    〒919-1122
    福井県三方郡美浜町松原30-2
  • 【枝豆選別施設】
    〒919-1141
    福井県三方郡美浜町郷市48-7-1
設立年月日
平成19年5月18日
資本金
1,000,000円
役員
  • 代表取締役 木子 博文
  • 取締役   仲野 郁美
決算日
12月末日
取引銀行
  • 福井銀行
  • 福井県農業協同組合
  • 敦賀信用金庫
従業員数
  • 社員 7名
  • パート 5名、外国人技能実習生 3名、アルバイト(臨時)10名
事業内容
農産物(黒豆の枝豆、ミディトマト、ミニトマト、コメ、牧草)の生産販売
主な販売先
JA福井県、東果大阪(株)、神果神戸青果(株)、京都青果合同(株)、武生青果(株)、薄井青果(株)、荏原青果(株)
沿革
  • 平成19年5月 株式会社無限大設立
  • 平成21年6月 現場事務所開設
  • 平成25年4月 枝豆選別施設開設
  • 平成29年6月 Tomato LABO Fairy Bell 開設
  • 〒919-1142
    福井県三方郡美浜町興道寺40-8
  • TEL. 0770-32-1102
© copyright MUGENDAI Co.,Ltd. All right reserved.
powered by cheltenham software